★★★ 注目のお得情報 ★★★
☞ 【89%OFF】アマゾンKindle Unlimitedが3ヶ月2940円➡299円で試せる!! 
☞ 2019年おすすめのおせち選びと購入の裏技を伝授!
☞ 5,000 Amazonコインが¥2,500となるキャンペーン開催中 
☞ 【今なら30日間無料で試せる】本は聴こう!アマゾンでAudible (オーディブル)スタート! 

トクトク.net

お得なクーポン・セール情報やキャンペーン・割引情報速報・節約速報・乞食速報を厳選。割引クーポン、大量当選懸賞・お得な買い物情報やおこずかいを稼ぐ裏技などのお得な情報を一覧比較するサイト

最近人気のおすすめビットコイン取引所・仮想通貨取引所一覧比較。やはり大手3社のザイフとビットフライヤーとコインチェックが安心

      2017/10/16

Pocket

最近、価格がどんどん上がっているビットコインをはじめとした仮想通貨が注目を集めています。

よく分からないという人も多いと思いますので、
簡単な説明と、購入ができる仮想通貨取引所の比較をしていきます。

また、ICOと呼ばれる新規公開の仮想通貨もありますのでそちらも紹介します。

参考にしていただければ幸いです。

ビットコインとは

簡単にいうとインターネット上に存在している電子的な通貨です。

皆さんにもお馴染みのSuicaやnanacoなどの電子マネーと似ているかもしれませんが、電子マネーでも違いがあります。

Suicaやnanacoなどは発行元があり、提携店でしか利用ができませんし、Suicaやnanaco自体の価値が取引によって増減することはありません。

おそらく、1月後も1年後も100円分は100円分のはずです。

また、発行元が倒産してしまえば、利用ができなくなってしまいます。

一方、ビットコインには発行元がありません。

管理はインターネット上でブロックチェーンと呼ばれる取引履歴とマイニング(採掘)と呼ばれる特殊な作業で正当性を担保しているのです。

簡単にいうと利用者全員で監視しているというわけです。

インターネット上にビットコインといういわゆる埋蔵量の限られた、現実世界の「金」のようなものがあり、
これらを利用価値があるという人同士で売買したり、利用したりしているということです。

実際に「金」も価値があると皆に思われているので、値段が付くわけですし、
ビットコインも価値があると思われる人々によって値段がついているというわけです。

また、ビットコインの価値があると認められている場所でお金の代わりに支払いをしたりもできるというわけです。

実際に使えるの?

ビットコインは相対で利用が可能となるため、インターネット環境でしか使えません。

お金と同様と価値を評価している店舗や個人間での利用が可能となります。

しかし、近年ではビットコインの価値が評価されて、一般の店舗でも利用できる場所がどんどん増えて来ています。

有名なところでは家電量販店のビックカメラや、丸井などデパートでも利用可能となっています。

近い将来、ほとんどの店舗で使えるようになるかもしれません。

ビットコインはどこで買えるの?

ビットコインは取引所といわれる場所で購入することが可能です。

世界中にいろいろな取引所がありますが、取引所がつぶれてしまえば取引所に預けていた場合、
泣き寝入りしなくてはならないことにもなりませんので、
買ったら自分のウォレットに移すか、
有名で安心な取引所で取引をすることをオススメします。

現在のところ安心して取引が出来そうな取引所でオススメなのは3つです。

coincheck(コインチェック)

ビットコインの取引とともに、アルトコインと言われる他のコイン群の取引も可能な取引所。
現在、安心していろいろな仮想通貨が取引できる最大手取引所です。
値動きをチェックするのも一覧になっていてみやすいので利用者は一番多いようです。
スプレッドと言われる手数料的な物が結構高いので、取引する前に他の取引所と比べてみるといいかもしれません。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

大手企業が出資する国内初の仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)販売所です。
日本で一番安心してビットコインの取引ができるでしょう。
ビットコインの他にイーサリアム、イーサ クラッシック、ライトコインの取引が可能だが、それ以外のアルトコインの取引は現在のところなし。
今後、安全性がある程度担保されたのちに追加されると思います。
何より、三菱UFJグループ、リクルートグループ、SBIグループなど大手企業からの出資が多くあるので信用性も高い。

Zaif(ザイフ)

ホリエモンこと堀江貴文氏が以前、Zaifを運営するテックビューロ社の技術アドバイザーを務めていたことでも有名です。

純国産の仮想通貨のモナーコインの取り扱いがあるのはZaif(ザイフ)だけなので、こちらで購入する必要があります。

何といっても手数料が安いのが特徴なので、安くビットコインやアルトコインを買うには一番オススメの取引所となります。

また、他で取り扱いがない仮想通貨がたくさんあるので、マイナー通貨の発掘をしたい人には最適でしょう。

最近の仮想通貨の動きが凄い

8月に入ってからビットコインをはじめとした、仮想通貨が軒並み高騰しています。

理由は色々とありますが、一番大きいのはビットコインの分岐騒動が無事に着地したことにあります。

それにより仮想通貨全体に安心感が広がり買いにつながったことや、
米朝の緊張から安全資産として仮想通貨が買われているということもあるようです。

年初から数倍になっているので今更買えないよと言う人も多いと思いますが、
今後の仮想通貨の可能性を考えるとまだまだ始まりにしかすぎないとも思えます。

今後は第2、第3のビットコインを探せとばかりにICO案件に注目が集まりそうな感じですので、
興味のある方はいろいろと探してみましょう。

一方で詐欺的な動きも活発なので注意が必要でもあります。

そんな中、大化けの可能性のあるICO案件もありますので参考にしてみて下さい。

COMSA(コムサ)は参加しておいた方がよさそう

日本の暗号通貨取引所の運営しているZaif(ザイフ)の母体であるテックビューロ株式会社が、今年の10月2日をに実施する日本で初のICO(Initial Coin Offering = 新規通貨公開)。

これがCOMSA(コムサ)です。

ICOとは、上場前の企業やプロジェクトが暗号通貨を使って実施する資金調達法のことです。

東証などの株式市場に上場する前の新興企業が行うIPO(Initial Public Offering = 新規株式公開)とよく比較されます。

テックビューロが行うのは、COMSA(コムサ)というプラットフォームを立ち上げることによって、企業が独自に暗号通貨を発行して、発行した暗号通貨をネットで法人や個人など、不特定多数に販売できる環境を整えることです。

また、テックビューロは、企業がICOの実施に必要となるホワイトペーパーの作成なども同時に支援するとのことです。

現在、COMSA(コムサ)の公式サイトが公表されています。

COMSAトークンの購入を希望する事前登録者の数は、日経新聞で発表された8月3日の初日で既に1万人を超していて、
8月10日には、3万2000人を突破しているようです。

テックビューロは、COMSAトークンの発行によって資金調達を行って、その資金を、COMSAのICOトークンセールの基盤のプラットフォーム開発、整備に振り向けられる他にも、いろいろなトークンの開発にも割り当てられるとのことです。

早くも、COMSAのプラットフォームを使ったICOとして、家庭用飲料水宅配サービスのプレミアムウォーターホールディングスとクラウド・ファウンディング大手のCAMPFIREが予定しています。

注目なのが、11月中旬にICOを実施予定のプレミアムウォーターホールディングスの株価は、これを好感して発表より、連日、ストップ高で新高値を更新しています。

このことは、投資家は、暗号通貨による資金調達が今後更なるインパクトを起こすこととして判断してもいいということでしょう。

というわけで、とりあえずは無料登録しておいて、直前までしっかりと様子を見ましょう。

かなり期待できそうな感じですね。

☞ COMSA(コムサ)の事前登録はこちら

まとめ

✅仮想通貨は将来的には普通のお金と同じように使えるようになる

✅仮想通貨を買うなら安心できる取引所で買うべき

✅詐欺的な仮想通貨も多いので注意が必要

✅ICO案件はよく吟味して参加しよう

✅コムサはおすすめのICO案件

COMSA(コムサ)は参加しておいた方がよさそう
☞ コムサ事前無料登録はこちら

 - ビットコイン, 仮想通貨